債務整理にまつわる話題

main-img

債務整理とは、一般のサラリーマンや主婦、自営業者などが、消費者金融業者やクレジットカード会社などの金融機関から借り入れをし、返済をしていく中において、失業や減給、病気などによる生活苦などに見舞われ、返済が困難になった際に行われるものであります。



基本的には、弁護士や行政書士などを、間に立てて行う場合や、裁判所にて特定調停というかたちで行う場合もあります。



一部に、債務者本人と債権者である消費者金融業者やクレジットカード会社が直接に債務整理を行うケースもあります。



債務整理をする際には、昨今においては、借り入れ当初から、利息制限法に基づいた計算の金額に引き直したうえで、長期分割払いになることが多いとされています。



債権者としては、コストの面から考えても、一括返済を理想とするものの、債務者の資力がない場合がほとんどであり、分割払いになるとされています。
基本的には、支払う分だけ減っていくというかたちになり、一日であっても遅れは許さないのが常識でありますが、実際には、遅れる人も多く、問題といえます。



債務整理をするにあたり、和解書といった覚書を作成する場合がほとんどでありますが、そこには、遅延した場合の規定として、過怠約款というものが記されるのが通例とされています。

具体的には、遅延金額が通常の返済金額の2回分に達した場合は、遅延損害金を付加して返済しなければいけないというようなことが明記されております。



関連リンク

subpage01

消費者金融からの借金は債務整理で解決ができます

金銭面で苦しい生活をしているときには、消費者金融のキャッシングを使うことで必要な資金の穴埋めをしたいと考える人もいると思います。ただし、消費者金融のサービスを利用することで利息の支払いも行っていかなければなりませんので、本人が想定していたよりも多額の支払い金額に達するケースも少なくありません。...

more
subpage02

債務整理をするには借金の状況の把握が大切です

借金の問題が大きくなっているときに、的確な方法で解決を図りたいときには弁護士に相談することが良い方法となります。弁護士に相談することで借金問題を解決する方法としては、債務整理の手続きを行うことが一般的となっており、債務者ごとの状況に合わせて手続きの種類を選択します。...

more