債務整理をするには借金の状況の把握が大切です - 債務整理の種類とそれぞれの利点と欠点

債務整理をするには借金の状況の把握が大切です

main-img

借金の問題が大きくなっているときに、的確な方法で解決を図りたいときには弁護士に相談することが良い方法となります。弁護士に相談することで借金問題を解決する方法としては、債務整理の手続きを行うことが一般的となっており、債務者ごとの状況に合わせて手続きの種類を選択します。



債務者の抱えている借金の状況によって任意整理や個人再生が可能かどうか模索していって、それらの手続きを行えないと判断できるときに自己破産の手続きを行うことになります。



借金の状況と合わせて債務者自身の収入の状況や返済能力を良く検討する必要があって、どのような債務整理の手続きを行うことが最も良い方法になるのか把握することが重要です。



債務者個人では解決が難しいと考えられる状態であっても、専門家である弁護士に相談することで最適な方法を模索できます。



解決方法を考えるときには、どの程度の金額であれば返済が可能なのか計算することが大切で、継続的に支払っていける金額としては収入や家族の構成によっても変わります。

債務整理を行うときには背負っている借金額の性格な金額を知ることも重要な作業となり、金融業者に過去の取引履歴の開示請求を行うことで利息制限法に基づいた利息によって新たに借金額の再計算をします。


法律で定められている金利よりも多くの支払いをすでに行っているときには、払いすぎた利息分を借金額の返済として充当することが可能です。



借金額に充当してもさらに過払い金のほうが多いときには、返済請求を行うことで取り戻すことができます。



関連リンク

subpage01

債務整理にまつわる話題

債務整理とは、一般のサラリーマンや主婦、自営業者などが、消費者金融業者やクレジットカード会社などの金融機関から借り入れをし、返済をしていく中において、失業や減給、病気などによる生活苦などに見舞われ、返済が困難になった際に行われるものであります。基本的には、弁護士や行政書士などを、間に立てて行う場合や、裁判所にて特定調停というかたちで行う場合もあります。...

more
subpage02

債務整理をするには借金の状況の把握が大切です

借金の問題が大きくなっているときに、的確な方法で解決を図りたいときには弁護士に相談することが良い方法となります。弁護士に相談することで借金問題を解決する方法としては、債務整理の手続きを行うことが一般的となっており、債務者ごとの状況に合わせて手続きの種類を選択します。...

more